訪問診療

在宅ってなに?

 
在宅医療とは、
家で医療を受けること。
 
 
通院できなくなった方が、入院や入所ではなく、自宅で医療を受けながら過ごすことです。
 
 
 
 

在宅医療どうやって?

「訪問診療(訪診)」という方法を用いて行います。
 医師が自宅や施設などを定期的に訪問診療し、診察や治療、くすりの処方、療養上の相談指導を行います。
急変時には緊急往診や、患者さんとの事前の話し合いによっては入院の手配を行ったりと、在宅療養をサポートいたします。

訪問診療と往診の違い

訪問診療
定期的、計画的に訪問診療を行い、自宅での生活を営む上で必要な管理を行う事です。
 

往診
急変時などに医師が患者さん宅に出向いて単発的に診療を行う事です。

魚川医院での訪問診療では

魚川医院での訪問診療
上記のようにお困りの方がご自宅でも医療が受けられるよう医師が定期的に訪問し、診察・検査・治療を行います。
介護に関する指導・助言は、医学的所見から各スタッフ(訪問看護師、ヘルパー)も行っています。

「痛くても癌だから」と諦めていませんか?
積極的治療が行えなくなっても、医療として行えることがあります。
本院では慢性疾患の寝たきりだけでなく、末期がんの在宅ターミナルにも力を注いでいます。

在宅のはじまりは?

末期癌を除いて安定した状態からはじめるのが望ましい。

病院からの紹介(外来通院が不可能、退院時)
開業医からの紹介
家族が直接相談に来院
ケアマネジャーからの紹介 等
本院は
在宅療養支援診療所
在宅末期医療総合診療所
がん性疼痛緩和指導管理医
がん治療連携指導(県立加古川医療センター)
加古川中央市民病院登録医
加古川東市民病院登録医  
です

訪問診療に関するお問い合わせ先

入院先の病院からのご紹介、ケアマネジャーからの依頼やご家族様からのご相談など、当院のメディカル・ソーシャルワーカーまでご連絡ください。
079-432-6116(在宅支援室直通/時間内)
079-432-5226(医院直通/診療時間内)
 
 お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせもお待ちしています